×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ
『さぁ、楽寿園へ』
2007年3月28日
▲楽寿園内の東海道が描かれた石盤。三島の歴史が垣間見える。






今日は晴天ではなく、曇りの休日。

色々と用事をこなしていたら、既に11時を回っていたので、近場の『楽寿園』に行くことにした。

どれくらい近いかというと、三島駅から徒歩1分。





そんなわけで、速攻で楽寿園に到着。





こじんまりとした楽寿園駅前口。

正門は別にある。

入場料は大人300円。
子供50円。
それなりに無難な価格だと思う。





木陰に囲まれた心地よい遊歩道。

地面には細かい砂利がしかれている。

サンダルをひきずりながら、ざりざりと歩く。











▲やや天気が悪いものの、今年初の桜の花見。既に満開!



桜の場所には大きな広場と遊技場。

春休みに入っているので、家族連れや子供たちが多い。



基本的に乗り物は子供専用。

大人が楽しめるようなものは無かった。

どれか一つに挑戦しようかと思ったものの、罰ゲームにしかならないので、やめた。

もっとも言い訳するギャラリーがいないぶん、罰ゲームよりしんどいだろうから乗らない。








滝がある・・・。





ホースとパイプ。

滝の裏側に潜む現実。







4月の25日から『花園まつり』があるらしい。





園内には、花園まつりに向けてたくさんの花壇が設置されている。

花はまだ無い。



花園まつりに向けて、製作中のオブジェ。

話を聞くと、となりのトトロのさつきとメイの家らしい。

どういう風に活用されるのかは謎。
















園内に郷土資料館がある。

そのときどきで、様々な企画があるらしい。

今日の企画は・・・。






『三島と女性』と、書いてある。

シンプルかつストレートなタイトル。

素人には真似できないセンスが垣間見える。

微妙に惹かれることは否めない。

さっそくデジカメ片手に館内に入る。







▲うわっ、ゴメンナサイ!!。

いきなりセーラー服に怒られる。

会場内は撮影禁止とのこと。

三島の女性は硬そうだ・・・。


展示品は、タイトル通り三島の女性史に沿って、様々なものが飾られていた。

制服が年代別に展示されているのに思わず反応してしまう。

ぐるりと館内を見回して、早々に立ち去る。

とりあえずセーラー服には触っておいた。





▲何故か汽車がある。運転席に乗ることもできる。

子供たちがたくさん乗ってた。

もう、なんでもありのような雰囲気。

いまいち『楽寿園』の方向性がよくわからない。










園内は所々ベンチと水の流れがある。



さらに進むと動物ゾーンがある。






▲猛烈にエサにたかるヤクシマヤギたち。子供が怯えている・・・。




動かないテナガザル。



夢中で桜の花びらを食べてるプレーリードック。




サービス精神皆無のレッサーパンダ。





近づくとソッポを向くポニー。





岩の上で眠ったまま動かないアヒル。

ここの動物たちはプロ意識が薄い。

かなり自由だ。











▲『富士山水車』と書かれた水車がある。動いていない。


水車の足元には、やたらと魚たちが固まっていた。







石灯篭のオバケみたいなのがある。

3Mはあるんじゃないか?

これを作ろうと考えた人間の気が知れない。











▲水が干上がった池。数年に一度水が溜まるらしい。向こうに見えるのは楽寿館。



よく見るとこの中は立ち入り禁止。

天然記念物となっている。

それにしても静岡には名勝が多い気がする。



小さな神社がある。

財布の中の1円玉を全て投入。

決して邪魔だからではない。




園内の楽寿館は1日に2回、30分だけ見学できる。

午前中は10:30から
午後は13:30から

たまたま午後の開館時刻に通りかかるという幸運。

時間がきて、カギのかかった扉が中から開かれると、お姉さんが中へと案内してくれた。

全員が館内に入ると、再度扉のカギをかけてしまうという用心深さ。

「これから私がご案内する約30分は、途中でここから出ることはできません。トイレ等も禁止です。」
有無を言わさない一言。

(生理現象もダメなんだ・・・。)



「あ、あと撮影も禁止ですので。」
その視線は、唯一デジカメを持っている私に向けられる。

「それは何故ですか?」
「え?え〜、フラッシュとかで周りの人に迷惑がとか・・・。」

言い返されると思っていなかったのか、やや返事に戸惑うお姉さん。

「理由はそれだけなんですか?」
「いえ、ちょっと、わからない、、、です。」
「はい、わかりました。」

だんだんお姉さんの声のトーンが下がってきているうえ、他の参加者の人たちの視線も痛いので、すぐに引き下がることにした。

嫌な客になってしまった・・・。



楽寿館内はそれなりに興味深い内容でした。




さて、そろそろ帰ろうか・・・。




▲園内には食堂兼休憩所がある。



やや疲れたこともあり、帰る前にしばしの休憩・・・。






ソフトクリームが売られている。

アイス好きの私としては、素通りできない。

いや、よく見ると『ソフトクリーム』ではなく、『ソフトアイス』と記載されている。

さらに右上の方には手書きで
『アイスをソフトクリームの形にしたものです』
としっかり書かれている。

あくまでソフトクリームではない、という強い主張がうかがえる。

今まで聞いたことの無いニュータイプのアイスだ。


ここでのチョイスは、もちろんキワモノのご当地グルメ『わさび』に挑戦したい。

色々な意味で初体験が満載だ。




そしてこれが『わさびアイス』

正式名称は『わさび味のソフトアイス』。

確かにソフトクリームよりは若干ハードな雰囲気がある。

スプーンを刺してくれる気遣いからも、あくまでハードさ加減が垣間見える。




ちょっとナナメにしても、しっかりと形を保っている。





こぉ〜んなにしても平気!


さすがハードにキマってる!


じゃあ、これなら、あっ、、、、、、。



こんな私でどうもすいません・・・。
そしてありがとう楽寿園。
ありがとうわさびアイス。


そんなステキな楽寿園・・・。
また来たいです。

おわり。

▲去り際にパンチの効いたオブジェと遭遇。ただそれだけ。

・・・のみません。




トップページ