×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

清水町湧水まつり
バックナンバートップページへ

2007年8月4日
柿田川公園にて

■今日は清水町湧水まつりに行ってきた。



■仕事が終わってから行ってきたので、時刻は既に18時30分。

雨が降り出しそうな曇り空。台風の吹き返しの風がやや感じられる。




■祭りの醍醐味は、何といっても浴衣姿と屋台食。




ジャンボフランクフルト
■今回浴衣姿は見るだけに留めて、食べることに専念したい。

まず最初は、ゆうに20センチは超えるジャンボフランク(300円)。







イカゲソ焼き
■イカゲソ焼き(250円)。細かいことを気にしない豪快さがものを言う。

祭りにイカは欠かせない。






踊る人たち
■お祭りに付きものの踊り。

たまたまシャッターを切ったときがこんな決めポーズ。

それなりの盛り上がりを見せてくれる。





焼きたてモツ焼き
■もつ焼き(350円)。こういうキワモノは食べておきたい。

焼きたてということもあって、これが一番美味しかった。






スタッフ弁当
■たまたま会った関係者の方に貰ったスタッフ用のお弁当(無料)。

予想外にボリュームのある食べ物の登場。

お腹が減っていたこともあって、もつ焼きと共に一気に完食。

このお弁当の存在が、予想以上に食費予算を削減してくれた。




コーヒー牛乳
■ノドが乾いたので、ビンのコーヒー牛乳を購入(100円)。

ビンで飲めるのが、アジがあっていい。値段も祭りには珍しくリーズナブル。






祭り屋台の代名詞
■祭りに欠かせないお面屋台。

売り上げは置いといて、もっとも祭りの雰囲気を発散する屋台だと思う。

売っているお面の8割が知らないキャラクターなのが、世代と哀愁を感じさせてくれる。






アユの塩焼き
■鮎の塩焼き(300円)。

これも焼きたてで抜群に美味かった。






カラオケ大会を見に来た警備員たち
■祭りもたけなわ。

カラオケ大会会場に不自然に集結している警備員のみなさん。

単に見学しているだけっぽい。






冷めたから揚げ
■から揚げ(300円)。結構ボリュームがあったものの、やや冷めていたのが残念。

しっかりとした歯ごたえの、肉が凝縮されたから揚げだった。







アツアツのポテトフライ
■一緒に衝動買いしたフライドポテト(200円)。

これは揚げたてで美味しかった。ちょっと塩をかけ過ぎな感がある。







チョコバナナの屋台
■チョコバナナの屋台。

チョコの種類はどうやら3種類あるらしい。



ピンクとチョコとアオ
■正直な話、ストロベリーとかミントとか言いたくないくらい毒々しいピンクとアオ。

王道のチョコか魅惑のピンクか、冒険のアオか、、、。



チョコバナナピンク
■実はチョコバナナを食べたのは今回が初めて。

風水的に恋愛運の上がるピンクをチョイス(200円)。

やっぱりストロベリーと言うより、ピンクと言ったほうがしっくりくる。





■祭りの雰囲気の中では、何でも美味しく感じるから不思議だと思う。






■使用金額2100円。






■浴衣姿は胸の大きくないスレンダーな人の方がいい。






■終わり。




トップページへ